Land Master

土地について詳しく学んでいこう!

土地などの不動産売買の手数料はいくらかかりますか

土地などの不動産売買の手数料はいくらかかりますか

不動産会社が土地などの売買の仲介を行った時に手数料が発生します。
金額については不動産会社が自由に決めることができるのですが、上限は法律によって決められています。
例えば土地の価格が200万円以下だった場合には、消費税も込みでその価格の5.4%以内にしなければなりません。
手数料は土地などの不動産の売買価格によって変動します。
先に例えたように200万円以下ならば5.4%以内に、200万円超から400万円以下なら4.32%以内になります。
そして400万円超の不動産に関しては、不動産の価格の3.24%以内が上限になります。
一般的な不動産会社では仲介手数料はこの法律で決められた金額の上限ぎりぎりに設定していることが多くなっています。
しかし不動産会社の中には減額したり、ゼロにしたりといった不動産会社もあり、不動産を売却するときにはどのような設定になっているかも確認しておくとより高くお得に手続きができるかもしれません。

土地などの売買においての契約の取り消しについて

土地などの売買契約を締結する時に結ぶ契約は、通常の物品の売買契約と異なることはありません。
書面が作成されることはありますが、それはあくまで証拠として残していく趣旨で作成されるだけで、実際は当事者の意思の合致だけで契約は成立します。
そして、一度契約が成立すれば、それは法的拘束力を持ちますので、一定の自由がない限り契約を取り消すことができません。
ではどういった場合に契約の取り消しが可能かと言えば、制限行為能力者が、土地売買をすることに対して、法定代理人の同意を得ていない場合や、詐欺や脅迫で、意思の形成過程に他人の違法行為による瑕疵がある場合などに取り消すことができます。
ただし、取り消すことができると民法の条文に定められていたとしても、それぞれ個別の条文で、善意の第三者の権利を害することができないと規定されていれば、契約は有効に成立したこととなります。
したがって、取り消しをしなくてもよいように、締結前には慎重な判断をする必要があります。

『土地 手数料』 最新ツイート

@mansionyougo2

収入(売上高)→総専有面積(坪)×販売単価(坪) 支出(売上原価)→土地費・建設費等 粗利益(売上総利益)→収入(売上高)-支出(売上原価) 追加支出→販売経費(宣伝広告費・販売手数料等) 事業金利 事業利益→粗利益(売上総利益)-追加支出

1時間前 - 2019年06月25日


@mansionyougo2

販売経費は、主な項目は宣伝広告費や販売手数料である。更に、この事業単独の収支をみるために、土地費や建設費などの借入金に対する金利を計算する。粗利益から販売経費と金利を差し引くと、マンションの事業利益になる。

5時間前 - 2019年06月25日


@cpa_r_bot

「消費という性格に合わないもの」という理由で非課税とされるものには、「土地等の譲渡及び貸付」「有価証券等の譲渡」「利子を対価とする金銭の貸付等」「郵便事業株式会社等が行う郵便切手類の譲渡」「物品切手等の譲渡」「行政手数料等に係る役務の提供」「外国為替業務に係る役務の提供」がある

6時間前 - 2019年06月25日


ページの先頭へ